« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月25日 (木)

カレンダーが届きました。

昨日、又職場でもめて、アドレナリン急噴出で寝れない!

ってイライラしてたら、朝早く、注文していたカレンダーとトール本が届きました。

だーさんがいる時間帯で、しかもまだノーメークで受け取りに行くのが

むっちゃイヤだったのは置いといて。

わぉおおお~。すごいステキ~。目の保養~。

かわいい~。

こんなことで機嫌の治る乙女心~~(イヤ、乙女違うけど)

相変わらず画像添付できないけど、

板と絵具と時間あったら、すぐ描きたい、すごく描きたい~♪

と鼻歌もでるくらいの創作意欲掻き立ててくれる作品群です。

あーこれで明日のシゴト行かなくてもよければ、

チョーハッピーでいられるお休みなのに。

では、月1回の参加になってしまったフラワーアレンジ教室へ

行ってきま~す。

2014年9月12日 (金)

DVD ウォルトディズニーの約束 を観ました

この映画の公開のCMが流れていた時、

行きたいな、と思っていたのにもかかわらず、うちの地域の映画館には

来なかった~。

だー様がレンタルしてきた4枚のうちの1枚をチラと見たら、

混ざっていたので、先に自分の部屋で見ちゃいました。

私の部屋のはDVDデッキしかないので、レンタルしたのがブルーレイじゃなくて

ヨカッタ~。

ちっとも飽きさせない小気味のいいテンポで、

イイ映画でした~。

原題の方は、邦題と全く違っていて、

メリーポピンズを映画化したいと、20年以上オファーし続けて来た

ウォルトディズニーの娘に対する約束と、

メリーポピンズの生みの親であるトラヴァー婦人との約束とを

かけている所からの、分かりやすい邦題でした。

原題の方は、最後まで観ないと意味が分からなかったでしょうが、

吹き替えで観ていた私が思うに、

ペンギンがアニメになると知って激こうして、

イギリスに帰ってしまった婦人宅を訪れたウォルトが

叫んだ台詞が、恐らくこれだったんだろうな。

両氏の父親に対する深い愛情が、

あの名作を世に送り出す原動力となったんでしょうね~。

私が今年観た映画の、ベスト5に入る作品と言えます。

大人にお勧めしたい1本です。

エンドロールで流れる、トラヴァー婦人の肉声も

お聴き逃しなく。

2014年9月 7日 (日)

学校祭

9月3日~5日、息子の高校の学校祭でした。

何の事はない、私の母校なので、勝手は知っていますが、

私の時代の頃と違うのは、夏休み終わってすぐの開催で、

準備が夏休み中に行われる、というのが違う点。

お盆過ぎるなり学校に通い詰め、

文化祭担当は教室や部での展示準備、

展示以外の自由発表は個人やクラスや色別代表が

体育館で発表がありその練習。

体育祭担当は色別対向で応援展示を校庭に飾りつけ。

応援団はダンスや歌をまじえての振り付けの練習、

それぞれが忙しいわけです。

夏休み半分以上返上で、本当にご苦労さまです。

私の高校時代の思い出は、

もっぱら文科系で教室展示の役柄が多かったけど、

1,2年の時はそれなりに楽しかったのを覚えています。

学校に遅くまで残っての作業は大変でしたが、

とても充実していたし、完成後は満足心いっぱいでした。

ところが最終学年の3年の時、

同じく展示メンバーになって、何をテーマに作るかとの会議、

代表に選ばれたわけでもなんでもないある女子一人が

勝手に何もかも仕切って意見を通し、

準備が始まると他者にテキパキと仕事を言いつけ始めて独走し、

いつの間にかその女子一人の展示というカンジになりはててしまって。

私を含むその他女子一同はどうでもいい仕事を押しつけられ、

いてもいなくてもいいわ、的な感じになってしまいまして。

徐々に他の女子の参加が少なくなり始めた頃、

クラス1番のカワイコちゃんで男子に人気のあった彼女の事を、

「○○はすごく頑張ってる、なのに、他の女子はなにしてる?」

的な事をクラスの中心的男子が漏らしたことから、女子全員から総スカン。

深い怨恨を残すことになりました。

クラス展示を見ても面白くないし、

文化祭2日目はグループで学校を抜けだし、

そのうちの何人かで映画を見に行ったけ。

したら映画終わった所で前の席の方で、

学校の先生の一人(クラス担任ではない先生)が立ち上がったのが見え、

全員で、椅子に潜り込んでその先生が帰り切るまで隠れてるほかになく。

生きた心地がしなかったのが、最大の思い出!

その時見た映画が何か、全く思い出せない。

てな嫌な思い出が一生残る事になるので、

息子には面倒がらずに、

何でもいいから一生懸命取り組んで欲しいな、と思ってました。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ